アプリで女性に送るメールやメッセージの書き方と例文

まずは結論からまた言おう。読まれるための初回のメールは「自己紹介」をしてはいけない。「はじめまして!」を使ってもいけない。

 

もうあまりできなくなったのであるが、実ははるか昔自分のメールのつたなさを棚に上げて 「実際相手なんていないんじゃないの?」と思い、女性として有名な出会い系アプリに登録したことが会ったのだが、そこで大発見したことがある。

 

20代大学生などと登録すると一日に何件も(多い日は数十個も)

 

f:id:party-find:20100521192834j:plain

 

「はじめまして!!」というメールが舞い込むのである。その時、女性の立場になって初めて分かった「こりゃだめだ・・・」自己紹介から始めた瞬間に大量に送られてくるメールの一部になってしまうのだ。

女の子の気持ちになって考えてみよう。アプリに登録してから一日たつと、フォルダには「はじめまして」から始まるメールが数十個並んでいる。

 

始めはいいのかもしれないが、二日目にはそんなメールにうんざり。

 

三日目に読まなくなるのが普通である。 いくら続きの文章が素晴らしくても、写真がかっこよくても、条件が良くても見出しがよくないメールは読まれない。

 

女性に読んでもらえるメールやメッセージとは

では逆にどんなメールが読まれるのか?

 

それは相手の内容をリピートしている文章である。 「自分のプロフィールを読んでくれた!関心を持ってくれた!」そう思わせるメールである。

 

ここを抑えることが大切なのだ。だからまた結論を言おう。読まれるファーストメールは「相手のプロフィール内容を確認するメールにしろ!」と言うことだ。

 

ごく当たり前で、誠実なことなのだが、これが基本。よく自分のステイタス・条件をから書き込みアピールする人もいるが、はっきり言って意味がない。

 

大体胡散臭いし、条件の良い男が出会い系に登録するのは「遊び」だとまじめな女の子ならすぐに悟る。

 

H系ならいいのかもしれないが、条件から入る男は「危険な香りがする」のである。

 

ではどうすれば良いのか、次に具体例を示すが、基本的な流れは次の通り

 

① 相手の内容確認    

② 自分が興味をもったポイント

③ 自己紹介 この三つでよい。

 

 

とりあえずすぐにコピペで使える具体例を示すので試して欲しい

 

コピペ用ファーストメールとメッセージの例文

f:id:party-find:20060920000000j:plain

ファーストメール模範例文

【 タイトル「○○って本当!?」/「○○って・・おお!」 】

○○さん初めましてこんにちは・プロフィールの『     』を見てすごく興味を持ち、思いきってメールしました・ ○○さんは『      』に着いて書かれていたけど本当ですか?

 

※ この数行が勝負。相手のプロフィールから拾えるところ。共通点などを一点絞って
  確認すること。出身・趣味・興味関心・食べ物などどれでも良い。

 

 

実は僕も「      」に以前から興味があるんです!

( ○○をやっていました/○○に行ったことがあります/○○が好きなんです)

 

確かに○○って△△のところがあり素敵ですよね!良かったら○○に着いて話ませんか?

 

 

※ 自分もそうだ!という「共感が大切!」女の子に送るファーストメールのコツは会話ではない「共感」を前面に押し出すこと!!」

 

あっ、ちなみに僕は年齢○○ で△△の仕事をして、毎日駆けずり回ってます

仕事が忙しくってなかなか出会いがなくて。良かったら友達になって下さいね!

 

 

※ 自己紹介はこんなものでよい、最後に数行付け加える程度。「どんな人なんだろう?」と思わせる程度に短く書くこと。

 

コピペですぐに使えると思うのでこれを流用してまずは数十個メールしてみよう。

 

街コン越え?大手主催の出会いの場!
最新トレンド出会いの情報はコチラ↓↓↓


恋人が200%見つかる場所一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です