社会人でモテる男になるためには?5つの最低条件知ってる?

社会人のための彼女の作り方心理編の第一弾として「モテる男」というありふれたテーマで、カテゴリーを設定して、具体的な方法論を紹介したいと思う。

 

時間の省略のために先に結論を言ってしまうと

 

モテるためのテクニックというものは出会ってからの二種類に分類される

 

① 初対面でモテるテクニック

② 二回目からモテるテクニック

 

要は初対面でNGという状況を回避し、二回目~三回目の接触スキルというのを上げて行けば、女性側の好意が高まっているというものにすぎない。

 

①の初対面の状況で止まっている人は「コンプレックス」の解放こそが、キーワードになってくるし、

 

②の状況で悩んでいる人は「性と男」の関係がテーマになるだろう。

(要はSEXまでのテクニック)

 

f:id:party-find:20100604121319j:plain

女性に好感度を持たれるために最低限度必要な条件

 

百発百中というモテテクニックはこの世にないが、トライアル&エラーによりあなたの中に、経験値がたまることは確実で、素早いレスポンスや駆け引きというのは恋愛だけでなく、仕事にも生きてくるのだと思う

 

もてる男としてふるまうには、ホストや芸能人などのプロに学ぶのも有効なのだが、最低限必要なものを先にまとめておきたい。

 

どれも当たり前すぎて、テクニックと呼べるものではない。必須条件である。それができないから彼女ができないというのも一つの原因。

 

ただし、繰り返すようだが出会いの数を増やすことの方が何よりも先決。それをしたうえで以下の点を改善し、スキルアップすればかわいい彼女を作る道はもう開かれているのと同様だろう。

 

1.清潔感
芸能アンケートなどで彼氏に求める条件のなかで圧倒的に上位に来るのが清潔感。歴代のモテ男人気ランキングでも彼氏にしたい理由の第一になっていることがほとんど。清潔感はモテる上で必須条件と言えるだろう。

 

清潔感というのは、極めて簡単に言うと生活態度のこと。見た目の清潔感から、彼女たちは日常生活をも想像して好感度をもつ。

 

具体的に言うならば、髪型、服装をきちんと整え、洗顔、歯磨きなどをするという基本事項を守ればよいだけ。これは社会人として当然のマナー。

 

他人と差をつけるテクニックとして雰囲気をを出すために「香水」「メガネ」「スカーフ」などを提唱する人もいるが、これは人によると思うのでお店の店員さんと相談しながら決めると良いと思う。

 

フェロモン香水など邪道なものもあるが、大半はプラシーボ効果で実際の効き目は不明。ただし匂いフェチという女の子は結構いるので、つけてもそれほど損はない。

 

f:id:party-find:20080809145432j:plain

 

2.笑顔と笑い
スマイルこナンパの極意という人もいるくらい、笑顔は大切。それは「あなたといると楽しい」という信号を相手に送るためであり、言葉以上に効果的に相手の心に響くもの。

 

いつもニコニコ顔で接していれば相手も必ず素敵な微笑みを返してくれる。不必要な「馬鹿笑い」ではなく「楽しそうに話す」という気持ちをいつも持っているだけで、モテ方は全然違うもの。

 

実は笑顔は練習で作れる。写真写りで笑顔になれない人は、練習不足。常に鏡の前で「ニコッ」とほほ笑む練習をしてみよう。

 

 

3.優しさと気遣い
これは出会う前というより、初デートの際に気を付ける点と言った方が良いかもしれないのだが、女の子を「お姫様」として扱える男子は絶対的にもてます。といっても「甘やかす」というのとは違うので要注意。

 

気遣いというのは例えば重い扉を開ける。歩いているときに「足は大丈夫」と一言かける。椅子を引いてあげるというもの。普段は冷たくしていても、これらができるだけで、女の子は一気に「大切にされている」という思いが膨らむ。

4.発見力
女性は髪形を変えた時にまず気づくが、男性は意外と気づかない人が多い。初デート~2回目のデートで相手に変化が見られたら、すかさず発見して褒めるというのも大切なポイント。例えば「その服の色素敵だね」とか「アクセサリーかわいいね」というシンプルなものでもOK

 

「髪形変えた?」というのが難しければ「雰囲気変わったね?」「女の子らしくなった!」なんていうのも異性を意識させる基本テクニックなので、ちょっと慣れたら使ってみよう!

f:id:party-find:20090811151316j:plain

4.メールをきちんとする
モテたかったら、一日一回メールする癖をつけた方が良い。本当に男はメールをめんどくさがるが、本当に彼女が何人もいる男はメールが上手いし、頻繁に送っている。

 

これはコミュニケーションの回数を増やし、相手との心をつなぐうえでも必須。

 

特に初デート~2回目のデートまでをこなしたら、後は「お疲れ様」メールを送ることを忘れずに。

 

「メールに書く内容がない」という人は「ネタ不足でモテない」という人なので、鉄板メールを作っておくこともオススメ。

 

例えば動物の薀蓄+画像とか、食べ物の薀蓄+画像を入れるといったもの。その際説教臭くなく楽しめる形で送るのがポイント!

 

実は気遣いのあるメールをためておくのに一番楽な裏ワザは2つ。自分より格下の女性と付き合うと、相手がいっぱいメールを送ってくれるのでそれを参考にすること。出会い系で女性として登録すると、男性から名文メールが届くのでそれを保存しておくこと。(この辺は恋愛マニュアルに詳しい)

 

5 空気を読む力共感力とタイミング
女子同士の会話は共感の連続。芸能人の司会者で長続きしている男性というのはたとえ相手がどんなにつまらない人でも共感性と突込み力で突破できる。ここでのポイントはあくまで「相手の呼吸」に合わせて自分がこうどうするということ。

 

これが出来れば告白のタイミング、Hのタイミングなどが読み切れるようになり、彼女ができる確率は何倍にも跳ね上がる。

 

メールでデートに誘うタイミングについては解説したので省略。友達から彼氏へ昇格するタイミングなども記述しておくので良かったら参考にしてほしい。

 

 

街コン越え?大手主催の出会いの場!
最新トレンド出会いの情報はコチラ↓↓↓


恋人が200%見つかる場所一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です