出会いの場で彼女作りを社会人がする方法

社会人が彼女を作るには、まずは出会いのきっかけを増やすことが大切。ここではどこにどんなタイプの女の子が流れてくるのかを考えてみよう。

 

それぞれのメリットやデメリットなども見えてくる。自分の行動パターン・持っている資産(友達・お金・ステイタス)・会話スキル・などを考えつつ良く比較検討してほしい。

 

属性の一致・目的の一致こそが一番の近道である。ゼロ状態からスタートするよりも、相手側の目的をしっかりと見極めよう!

 

f:id:party-find:20080720112438j:plain

 

1 職場や学校で女性と出会う

 

→ 職場や学校で彼女を作ったというのはどんなサイトでもランキングの上位になる。その理由はシンプルで、限定性と慣れがキーワード

 

女性というのは何よりも安心感・信頼度を求める者なので、同じ人と会社で何度も会うことによる心理的な好感度UP=接触の効果が大きく関係している。

 

人を多面的に見れるし、いい面も悪い面も良くわかって付き合うわけだから、結婚まで行き着いたというのも一番大きい。

 

既に職場や学校で恵まれた環境にあるのであれば、それを最大限に活かすべきで、心理テクを学びながら、意中の彼女に近づく、かわいい子に合コンなどを開いてもらうなどつてを広げればよい。

f:id:party-find:20080621171507j:plain

2 アルバイト先で女性と出会う

 

→ 女性の多いアルバイトに入れば、そこはあなただけのハーレムである可能性が高い。社会人だってバイト先で彼女を作るとうのは王道。

 

例えばオシャレなカフェ店員の中でひとりだけ男性とか、パン屋・ガールズバーの店員なんていうのも男女比を考えれば有効。ただし当然倍率は高いし、すでにかわいい子には彼氏がいる場合もある。

 

ファーストフード・カラオケ・コンビニ・レンタル関係なども定番であるが、実際に彼女を作りたいから選ぶとなると、「入れ替わりがない」「シフトによる」などのデメリットも大きく働き、流動性はない。働いている女性も目的は「お金」であることが多いので、運に限りなく左右される。

3 習い事・お稽古で女性と出会う

 

グループで行われ、なおかつ女性が多いとされる英会話・ダンススクール・ワイン講座・料理教室などは出会いのある習い事やお稽古事と言われている

 

確かにスクールでの出会いというのをメインに彼女を作る方法を展開するマニュアルもある。

 

お金があるのであれば、ここにゴルフなどを加えておくのも有効だが、時間とお金の両方に余裕がある場合でないとかなり厳しい。また女の子と出会うだけを目的にするのは非効率。2~3時間とられるのであくまで習い事の延長で運がよければ程度で考えよう。

f:id:party-find:20100908114517j:plain

4 クラブ・ディスコで女性と出会う

 

相手が出会いを求めている状態+刺激を求めている状態なので、クラブでのナンパから彼女を作るというのはかなり有効。社会人ならある程度お金もあるの出会いの場所として使いやすい。

 

イケメン・ダンスがある程度できる、そしておごれるだけのお金がある。朝まで行ける体力があるのであれば、六本木あたりでナンパしまくるのはスキルUPにもなるしお勧めする。

 

しかし同時に、相手も手ごわい。当然ナンパされまくるので慣れているし、一瞬で相手を判断して冷たい視線を浴びせられことも。お金、または容姿の戦いということが本当に良くわかる場所である。

 

f:id:party-find:20100623135033j:plain

5 出会いイベントで女性と出会う

 

相手も恋人が欲しいという人の集まりなので、出会い系のイベントはかなり有効。特にお見合いパーティー業者とコラボで開かれるイベントは信頼度も高く、女子受けが良い。

 

アンアン・ノンノ・VIVIなどのファッション雑誌などの恋愛特集コーナーに掲載された場合は男女比率で女性が男性を上回ることも。

 

立食形式・クラブ貸切などで多い時は300名位集まる。 デメリットとしては割と料金が高く、参加費が5000円位であることと、そこまで頻繁に開催されているわけではないので、今日・明日にでも行動したいという人は、1・2週間はイベント開催時まで待つことになる。

 

f:id:party-find:20071002112955j:plain

6 恋愛パーティーで女性と出会う

 

同じく恋愛サイトなどが定期的に開催するパーティーイベント。化粧品の宣伝なども兼ねてクラブなどを貸し切って行われる。

 

参加者は大体が20代のオシャレに興味がある女子大生やOLさん。音楽系・美容系・などの業界人も多く参加し、DJも入って盛り上がっている。

 

大学生のインカレサークルなどが1枚噛んでくる場合は、社会人の料金は一気に跳ね上がり1万前後。学生なら3000円~5000円。

 

f:id:party-find:20120803144402j:plain

7 SNSなどの利用して女性と出会う

 

ミクシー・モバゲー・フェイスブックなどのSNSも出会いの場として利用されている。最近はスマートフォンが普及しており、LINEを使っての出会い報告もあるが、アドレス交換・掲載に関して厳しい規定があり、それを破ると厳しい罰則がまっているのが最大の欠点。

 

プロフィールに関しても最近は出会いをほのめかすものは検索から外されるなど、本来の輝きを失っている気がする。 足跡機能・日記検索機能・写メール交換機能などは他の恋活サイトでも可能なので、同時に使ってみると違いがよくわかると思う。

f:id:party-find:20130201153255j:plain

8 サークルやオフ会で女性と出会う

 

学生サークル・社会人サークルなどで飲み会中心のものはほとんどの場合集団の合コンとなっているので、新規参加して彼女を作るというのはアリだと思う。

 

自分の特技や趣味を活かせるし、女の子多数のサークルなどに入れば、かなりおいしい思いができるはず。

 

コツは人数が多い場所で、イベント系に参加すること。花火などは典型的で、いい場所をサークルがとってくれるので、一般参加者も多く参加。逆に小さいものは常連だけで面白くもなんともない。たいてい男だらけ。

 

f:id:party-find:20100928222134j:plain

9 出会いカフェで女性と出会う

 

お金を使った疑似恋愛というのが結論だが、年齢差がめちゃくちゃ会ってもお金の力でデートできる場所・割り切り感駅の彼女を作るなどの方法であれば、ある意味話が早い。取材も兼ねていろいろ体験したが、とにかくお金がかかるシステムが難点。

 

最低でも1万。 食事をおごったり、デートすると2万。遊び系だと4~5万なので、キャバクラの廉価版と考えて行動すべき。

 

来ている人の大半がお水系のことを考えると、風俗遊びに近いと思う。

f:id:party-find:20091005182552j:plain

10 ストリートナンパで女性と出会う

 

ホスト並みの根性と会話スキル・そして時間と勇気を兼ね備えるのならストリートナンパというのももちろんあり。だが、たいていの人は一般人であるという仮面しかかぶれないので、失敗するのが実情。

 

なぜホストやAVスカウトがナンパに成功できるかというと、ある程度のお金・時間・そして仕事という仮面をかぶっているからである。

 

同じように美容師が道でカットモデルに声をかける、ティッシュ配りで女の子を狙い撃ちするなども、目的が相手にもわかるためにナンパ的な行為が成立している。本気でテクを学べば無料。やっても失うものはプライドぐらいなので、是非一度はチャレンジしてほしい。

 

 

11 旅行先で女性と出会う

 

旅先の恥はかき捨てと言わんばかりに旅行先になると思いっきりナンパ行為に走っている勇者がいるが、開放的な気分・非日常性・他人の目がないなどは女の子の心を開く重要なカギなので、あるいみ正攻法であるともいえる。

 

彼女を作るためにわざわざ旅行するという人はいないともうが、女性一人ツアーが多いのは平日やすみの格安ツアーが多い。

 

ヨーロッパなどはオシャレでいいイメージだが、意外と料金が高く、普通の学生やOLはそう簡単には手が出せない金額。それよりもアジアの南国系などの方が出会いの場としてはおすすめできる。

恋人が200%見つかる場所一覧!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。