合コンで社会人が彼女を作るコツと秘訣を解説

彼女の作り方として代表的なのが合コン。友達からの紹介などで、すでにある程度の信頼度も上がっているし、友達×友達ということで、グループ内のコンセンサスも取りやすい。

 

大体が類友がくるので、来ている女の子のレベルは似通っており、幹事よりかわいい子が来るのはまれ。(これを幹事美人度MAXの法則というらしい)

 

合コンでの分かれ道は「座席」である。自分の好みの子がいたら、まずは彼女の右隣を陣取ってほしい。席替えタイムなどを作れる有能な幹事がいないと、自己紹介以外、自分をアピールする場面はなくなってしまう。

 

f:id:party-find:20090407113048j:plain

コンパセッティングを利用する場合は適度に席替えがあるので、さりげなくお気に入りの子の近くに座ろう

 

 

上手く席がとれたら、次にするべき行動はメニューやドリンクを決めること。とにかく相手の好みに合った食べ物を見つけるのが最大のポイント。カップルを見ていると分かるが、付き合う上で「食の好みの一致」というのは極めて大切。

 

命をつなぐ食事というのは相手に強く刻まれる。相手に好きなものを聞き出しながら、その食べ物がいかにおいしいかをアピールするのだ。「俺もその食べ物好き=君が好き」というニュアンスが伝わり、一気に打ち解けた雰囲気となる。

 

その次に大切なことは「おいしそうに食べること」これは簡単でたとえちょっとまずくても「メチャクチャうまい」と大げさに言えばいいだけ。

 

その一言が彼女たちに「自分の料理も食べてくれるかも!?」という最高のイメージを沸かせるのである。運ばれてきた料理をほめることが、となりの女の子をほめているのと同レベルであることを、心に刻んでほしい。

 

f:id:party-find:20090406185015j:plain

合コンで女性を口説くときの鉄則

1 アドレス交換は全員とするか一人に絞ること
→大体女性の場合は合コンの反省会をするのが大好き。かわいい子だけとアドレス交換すると、後で全員を敵に回すことになる。隣り合わせの一人に聞くか、全員に聞くべき。

 

2 メールは時間を空けてから
→女性が集団で帰って行った場合は、どこかの喫茶店で反省会をしているケースがある。または駅のホームなどで立ち話。この状態で一人だけにメールがくると気まずい雰囲気になる

 

3 合コン好きだとは思われないこと
→合コンマスターがもてるのは男性の間だけ!「久しぶりの合コンだっけど」「初めてのコンパだったけど」のように初心者間を出すこと。慣れている=遊び人orもてない男というレッテルを張られてしまう

4 カワイイなどとは言わない
→オシャレならOKだがカワイイはNG。服の色・アクセサリーの素材などをほめること。顔をほめるなどはモテない男のすること

 

5 無理そうなら友達になる
→あからさまにお気に入りの子が、別の男に気がある場合は相談に乗る形で、友達になっておくこと。

 

6 相手の事をとにかく聞き、そしてほめる
→明石さんまの話術に学ぶと良い。聞いた時のリアクションと、その話題の絡み方、膨らませ方はいつみても勉強になるはず。

7 二次会が勝負のカギ
→一次会と二次会のイメージギャップも効果的。合コンでお笑いキャラ、バーで真剣な話、合コンでは真面目キャラ、カラオケでは明るく盛り上がるなど二面性を持つ男はモテる

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。